Home

日本光学会年次学術講演会
Optics & Photonics Japan 2017
― Tokyo ―

◆ 開催概要 ◆

Optics & Photonics Japan(OPJ)は,光学および光技術に関する研究発表の場であると同時に,わが国の光学分野における情報発信の場として広く認識されております. 本学術講演会のカバーする分野は,ナノフォトニクス,量子光学,情報光学,視覚光学,光計測,生体医用光学,光学設計に加えて,エネルギー・環境・グリーンフォトニクスにまで拡がっており,光科学から産業応用までの光に関わる広い領域を対象とした,光関係では国内最大級の学術講演会です.

OPJ2017では、これまで同様の8つの分類分科に関する一般口頭発表とポスター発表に加えて,OSJ-OSAジョイントシンポジウムを開催します.今年は,"Nanophotonics" と"Digital Photonics" に関する口頭発表とポスター発表の一般投稿に加え、招待講演を企画しています.さらに,韓国,台湾とのシンポジウム,交流協定を結んでいるOSA,欧州光学会(EOS),国際光工学会(SPIE)の特別講演をはじめ,数件のシンポジウムを企画しております.会員の皆様方をはじめ,光学関連の研究・開発に携わる方々の,積極的なご参加をお願い申し上げます.

開催日 2017年10月30日(月)~11月2日(水)
会 場 筑波大学東京キャンパス文京校舎
主 催 一般社団法人 日本光学会
共 催 放送大学,応用物理学会フォトニクス分科会
       
講演申込期間(お申込はこちらから) 2017年6月30日(金)~7月31(月)
予稿締切り 2017年8月31日(木)
ポストデッドラインペーパー投稿 2017年9月11日(月)~9月22日(金)
事前参加登録期間(お申込はこちらから) 2017年6月30日(金)~9月29日(金)

◆ 協賛学協会 ◆

協賛学協会の会員にも一般講演応募資格があります.

(依頼予定)映像情報メディア学会,応用光学懇談会,応用物理学会光波センシング技術研究会,画像電子学会,計測自動制御学会,情報処理学会,照明学会,精密工学会,電気学会,電子情報通信学会,日本医用画像工学会,日本オプトメカトロニクス協会,日本化学会,日本眼光学学会,日本機械学会,日本高圧力学会,日本視覚学会,日本色彩学会,日本写真学会,日本生物物理学会,日本赤外線学会,日本天文学会,日本非破壊検査協会,日本物理学会,日本分光学会,光化学協会,光産業技術振興協会,レーザ・レーダ研究会,レーザー学会,レーザ顕微鏡研究会,EOS,OSA,SPIE,OSK



◆ 問い合わせ先 ◆

Optics & Photonics Japan 2017 事務局
〒164-0003 東京都中野区東中野4-27-37 株式会社アドスリー内
TEL 03-5925-2840 FAX 03-5925-2913 E-Mail:opj@opt-j.com

出展・広告掲載については
 株式会社 日刊工業広告コミュニケーションズ
 TEL : 03-5614-3080(代)

 お申込みはこちらから

コンテンツ

OPJ事務局

主催

(一社)日本光学会

〒113-0034
東京都板橋区板橋2-65-6 板橋区情報処理センタ-5階

OPJ2017 - Optics & Photonics Japan 2017事務局

(株)アドスリー

〒173-0004
東京都中野区東中野4-27-37
TEL 03-5925-2840
FAX 03-5925-2913